人事労務サポート・コンサルティング労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険など社会保険の申請代行助成金申請代行などで企業経営を支援しています。 



メルマガのご案内



人事労務に関わる対応については実際の状況に応じて個別なものです。

インターネット上でも多くの情報はありますが、今の状況に適したものが、すぐに見つかるわけでもありません。

普段からどんな項目を相談できるのか、どんな解決の落としどころがあるのか、事前に想定しておいて準備したらいいことってどんなことなのか

などについて触れる機会があればと感じていました。

そんな理由でメルマガをスタートさせようと思い立ちました。

旬な社会保険情報・助成金情報・労務相談情報などについて
あなたの会社にとってジャストフィットなカタチで提供する
「つばさ人事労務サポート通信」として配信をスタートします。

このメルマガを読んでいると、人事労務に関する、前向きなスタンスや視点を得ることができ、事前に想定しておくべきことがどの程度のことなのか、準備を怠ったり、対応をおろそかにするとどんなことがおこるのかがわかります。

意思決定の参考材料がタイムリーに届きます。











■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。











わたしたちのスタンス

企業の存続は成長によるものでありそして企業の成長はその組織に関わる人の成長によるものである

勝てる組織であるために何をすればいいか

お客様に奉仕できる組織であるためにどうすればいいか

を経営者の方とともに考え

そして会社やそこに関わる人たちの成長のきっかけや場
を創造する

そういった活動を通して社会に貢献できたらと考えて日々活動しております


カテゴリ
2011年度「介護の日」フォーラムを開催/厚労省
2011-08-09   お知らせ
 2011年度「介護の日」フォーラムを開催/厚労省

厚生労働省は「介護の日」の11月11日に、2011年度「介護の日」のフォーラムを東北福祉大学(宮城県仙台市)で開催する。

東日本大震災被災地の  介護施設に勤務する介護職員から活動状況などについて報告を受けるほか、「復興に向けた課題と支援方策」(仮題)をテーマに、学識経験者や福祉関係者、行政関係者によるシンポジウムを実施する。会場内では、介護・福祉の仕事に関心がある人を対象に、資格取得や就職について専門の職員が相談に乗る相談会も開催する。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001kas1.html
 高年齢・障害者の雇用状況報告の提出期限は、7月15日(金)です
2011-07-04   お知らせ
 事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者の雇用状況(※1)と障害者の雇用
状況(※2)を、本社を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)へ報告する
ことが法律で義務付けられています。

※1「高年齢者等の雇用の安定に関する法律」第52条第1項
※2 雇用する労働者数が56人以上の事業主が対象
「障害者の雇用の促進等に関する法律」第43条第7項

提出期限はどちらも7月15日(金)です。まだ提出されていない場合は、
早めにお願いいたします。(対象企業には、報告様式を送付済みです)

提出いただいた報告は、
●「高年齢者雇用確保措置」の導入状況や先進的な取り組み状況などについて
把握し、高年齢者雇用対策を推進するため
●障害者の雇用状況を正確に把握し、障害者雇用率制度の適切な運用を図るため
に、それぞれ活用させていただきます。

【参考】
厚生労働省では、高年齢者や障害者の雇用を進める企業に対して、助成制度を
はじめとする各種支援策を用意しています。高年齢者や障害者の雇用に関するご
相談は、管轄のハローワークへ。

【高年齢者雇用の助成制度について】
 https://krs.bz/roumu/c?c=3627&m=24585&v=eacd8f0f
【障害者雇用の助成制度について】
 https://krs.bz/roumu/c?c=3628&m=24585&v=0896e010
同志社大学でビジネスプランコンテストが開催されます。(予選審査にたずさわりました。)
2009-12-09   お知らせ
 私が予選の審査にたずさわった、ビジネスプランコンテストがいよいよこの土曜日に開催されます。

大学生と高校生がつくったビジネスプランですが、あなどることなかれ

なるほどという着眼点

マーケットニーズに迫る情報収集のあと

論理的な思考 

シンプルにポイントをついたプレゼンテーション 

ビジネスマンも学生もみんないろんな刺激をうけるひとときなることうけあいです。

12月12日 土曜日 13:00~17:00
同志社大学 今出川キャンパス 新町校舎にて開催されます。

お時間がある方は是非!! 参加無料 事前申し込み不要です。

下記はコンテスト主催者からの案内です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
~同志社大学ビジネスコンテスト「NIC」観覧者募集のご案内~

こんにちは。 同志社大学でイベント、企画等を手がけているサークルの同志社ベンチャートレインです。 季節はすっかり冬となり寒くなって参りましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、私たち同志社ベンンチャートレインは今年も12月12日(土)におきまして、

NICこと 「Doshisha New Island Contest 2009」を開催いたします。

NICは今年で第6回目を迎えるビジネスプランコンテストです。

毎年多数の応募をいただき、コンテスト本選当日におきましては、厳しい予選を勝ち抜い た6チームによる激しい戦いが繰り広げられます。

また、コンテスト当日には審査員として実業界の方や大学の教授等をお呼びしたり、コン テストの優勝チームには賞金として30万円が授与されるなど、とても大きなコンテストで す。

そんなコンテストを観覧してみませんか?

コンテスト当日は、審査員による審査とは別に観覧者賞を設けています。

つまり、皆さん 1人1人が審査員となるわけです。 将来起業しようと考えている方、 このビジネスコンテストの中に、自分が思い描くプランに対するヒントを見出せるかもそれ ません。

起業にはあまり興味のない方、 自分と同じ学生が自分の思いを形にしようと懸命になっている姿を見て、日々の学生生 活をもっとアグレッシブに生きようと思えることと思います。

また、社会で御活躍なさっている方、 学生のビジネスに対する真剣な姿に少し、触れてみてはいかがでしょうか。

ぜひとも、コンテスト当日は会場に足をお運びください。
コンテスト当日に皆さんと会場でお会いできることを心よりお待ちしています。

【NIC 開催概要】
<日時>   12月12日(土) 13:00開会
<会場>   同志社大学新町キャンパス臨光館201
<参加費>  無料(会場までの交通費は各自の負担となります。)
<事前申込> 不要
<お問い合わせ先>  同志社ベンチャートレイン dvtjp@yahoo.co.jp
 
志経営 関西から日本型CSRを推進する 関西志経営フォーラム2009
2009-03-12   お知らせ
私がこの仕事をはじめたときからの友人の山中昌幸さんが理事長を努めるNPO法人が主催されるフォーラムが4月に開催されるとご案内いただきました。

志や使命感をもって、仕事に誇りをもてる、働き甲斐を感じる企業を創造してきましょう!

というフォーラムです。

基調講演は社会起業家フォーラム、シンクタンクソフィアバンクの田坂広志さんです。

是非たくさんの企業経営者や経営幹部の方に参加いただけたらと思います。

私は参加して、多くの志をもった経営者の方たちと出会い、そして協力し合ったり、切磋琢磨できることを楽しみにしています。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆関西志経営フォーラム2009 ◆◆

~社員が誇りを持てる企業を関西で輩出し、関西から日本型CSRを推進する~

 ---------------------------------
主 催:JAE(NPO法人日本教育開発協会)http://www.jae.or.jp/
日程:2009年 4月3日(金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

社員が志や使命感を抱き、仕事に誇りを持ち、働きがいを感じる企業
こそが、真に本業を通じて社会貢献する企業である
~田坂先生の講演録から~


JAEは2001年設立以来、8年間で8,000人以上の青少年に夢・志を
育む教育活動を延べ100社以上の企業とともに行ってまいりました。

そこで気づいたことは、「青少年に夢・志を教えることを通して、
社員自身も夢・志を育める(教えることは最高の学びである)」

また、「青少年が夢・志を育むためには、大人が誇りを持って
仕事に取り組む姿勢を見せることが一番効果がある」ということでした。

そこで「将来の日本を担う青少年が夢・志を持てる社会を創る
ために、社員が誇りを持って働く企業を増やしたい」
という想いを持つに至りました。

今回のフォーラムを通して、日本型CSRとは何か、社員が志を
持って働ける企業に必要なものとは何か、ということを私たちも
一緒に勉強させていただき、経営幹部の皆様が今後の経営を
考える上で少しでもお役に立てればと思っております。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃開催概要
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日 時:2009年4月3日(金)15:30-19:30(15:00開場)
■会 場:社団法人大阪倶楽部
アクセス:地下鉄淀屋橋駅、京阪淀屋橋駅を出て歩いて3分
http://www.osaka-club.or.jp/index.html
■定 員:100社150名(応募者多数の場合は抽選、1社2名まで)
■対 象:企業幹部限定(社員が誇りを持てる企業への変革に興味のある方)
■参加費:1社一万円(2名様まで)


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃プログラム
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■開会オリエンテーション(15:30-16:00)
────────────────────────────────
フォーラムの趣旨説明、参加者同士の自己紹介、JAEの紹介など。

■ 基調講演(16:00-17:30)

「良い会社とは何か」

 【講師紹介】
 ----------------------------------------------------
 ●田坂広志 氏 多摩大学大学院教授/シンクタンク・ソフィアバンク代表
 ----------------------------------------------------
 1951年生まれ。1974年、東京大学工学部卒業。1981年、東京大学大学院修了。
工学博士。同年民間企業入社。1987年、米国シンクタンク・バテル記念研究所客
員研究員。1990年、日本総合研究所の設立に参画。民間主導による新産業創造を
めざす「産業インキュベーション」のビジョンと戦略を掲げ、10年間に異業種企
業702社とともに20のコンソーシアムを設立・運営。「異業種連合」の戦略手法
を用いて、数々のベンチャー企業と新事業を育成する。事業企画部長、取締役・
創発戦略センター所長を歴任。現在、日本総合研究所フェロー。2000年4月、多
摩大学教授に就任。現在、多摩大学大学院教授。2000年6月、シンクタンク・ソ
フィアバンクを設立。代表に就任。2001年より、新しい時代の生き方と働き方を
学ぶコミュニティ、「未来からの風フォーラム」(http://www.hiroshitasaka.jp
)を主宰。現在、30000名のメンバーに対して、インターネットを通じ、毎週、
「風の便り」を配信し、「風の対話」を放送している。2003年7月、「社会起業
家フォーラム」(http://www.jsef.jpを設立。代表に就任。現在、全国から
12000名の社会起業家が集まり、様々な分野での社会変革に取り組んでいる。
2006年6月、シンクタンクとしては初の試みである、インターネットラジオ局、
「ソフィアバンク・ラジオ・ステーション」(http://www.sophiabank.co.jp
を開局する。
これらの活動に加え、現在、情報、金融、流通、環境、教育など、様々な分野の
企業の社外取締役や顧問を務める。


■事例紹介&パネルディスカッション(17:45-19:15)
────────────────────────────────
青少年に仕事・会社を教えることで、青少年の成長だけではなく、社員が誇りを
持てるプログラム「ドリカムスクール」の紹介や、実際に実施された企業の経営

部のパネルディスカッションなどを通して、自社での取り組みを参加者同士で
考える内容を予定しています。

■交流会(19:45-20:30)*希望者のみ
────────────────────────────────
関西で志ある企業幹部同士の交流会。日本の未来を考え、企業の未来を語り合
いたいと思います。

*内容、時間等は変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃お問い合わせ、お申し込みは下記までお願いします。
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のページより詳細をご確認のうえ、お申込ください。
→ http://www.jae.or.jp/forum09.html

*問合せ先
フォーラム担当 事務局
JAE(NPO法人日本教育開発協会)冨田 雅子
 TEL 06-6100-3242
 FAX 06-6100-3243
 E-MAIL masako@jae.or.jp
  
プロフィール
つばさエンタープライズサポート
https://www.facebook.com/tsubasa.es

植田健一のプロフィ-ル

植田健一(うえだけんいち)
https://www.facebook.com/uedakenichi

専門:組織・人事関連 労働法務

昭和47年6月26日
大阪府八尾市に生まれる

八尾市立南山本小学校卒業
八尾市立曙川中学校卒業

大阪貿易学院高等学校卒業
平成3年3月

同志社大学経済学部卒業
(所属ゼミ:中尾武雄ゼミ)
平成7年3月

平成7年4月
住宅メーカー入社
営業/管理部門 総務など を担当

平成11年9月
自動車部品の修理を行う会社
(従業員約80名)総務担当   

平成12年5月北浜合同社労士事務所設立に参画   

平成15年2月つばさエンタープライズサポートを開設


講師・講演・相談員実績

平成13年12月
日本人エンターテイメント向け
「年金保険セミナー」
ユニバーサルスタジオジャパン

平成17年11月
「創業時に必要な労務関係の知識」
茨木商工会議所 創業塾

平成18年1月
「サービス残業・労使トラブルを解消する
就業規則の作り方」
第6松屋ビル会議室

平成19年
「助成金活用セミナー」
大阪商工会議所此花・西・港支部

平成20年9月
「就業規則作成のポイント」
~改正パートタイム労働法への対応~
平成20年度 第1回労働なんでもセミナー
主催:大阪府 
運営:財)大阪労働協会
(参加者 約120名)


平成22年10月
「ワークライフバランスで会社を元気に!」
~一般事業主行動計画の策定支援セミナー~
主催:大阪府社会保険労務士会
(参加者:約200名)


平成14年7月~平成17年3月
大阪府中高年就職支援センター
特別相談員(雇用保険・年金)

平成15年4月~平成16年3月
厚生労働省
雇用保険重点指導員(助成金活用など)

平成15年10月~平成17年3月
経済産業省後援ドリームゲート
第1期 登録アドバイザー

平成18年度
大阪東公共職業安定所生活関連相談員
(年金・健康保険・労働関係)

同志社大学学生ベンチャー支援
ビジネスプラン作成講座
 ビジネスサマープログラム(2泊3日の講座)
ビジネスプランブラッシュアアップ講座
2004~2008

桃山学院大学ビジネスプラン作成講座
2004


所属団体

社会保険労務士
全国社会保険労務士会連合会
(登録番号 第27000127号)

大阪府社会保険労務士会
(会員番号 第00003787号)
 常任理事 平成23年度~

大阪府社会保険労務士会
中央支部 

社団法人大阪青年会議所
2004年~2012年